1on1ミーティングは意味がない?効果的な進め方とテーマ事例などを解説filter1on1ミーティングは意味がない?効果的な進め方とテーマ事例などを解説

1on1ミーティングは意味がない?効果的な進め方とテーマ事例などを解説

「1on1ミーティングは、意味がないなんて言われる事もあるけど、実際にはどうなんだろう?どうやれば効果的に実施できるのか知りたい。」
こんな悩みを持つ方向けに、1on1ミーティングについてまとめています。

当記事では、1on1ミーティングの基本的な部分から、意味がないのか、メリット・デメリット、効果的な進め方、テーマ事例、ポイントを解説しています。
1on1ミーティングを有効活用することで、チームや企業の生産性を高められるため、ぜひ実施を検討している方は参考にしてみて下さい。

1on1ミーティングとは?

 二人の男性が話している様子

1on1ミーティングとは「上司と部下で、仕事やプライベートなどのテーマを決めて、定期的に1対1でおこなう人材育成手法」です。
元々は、アメリカの優秀な人材が集まるシリコンバレーで生まれたとされています。
日本では2012年にヤフーが導入し、その後は日本全国に広まっていきました。
上司と部下のすれ違いなどによる関係性悪化は、チームや仕事の生産性に影響を与えかねません。1on1ミーティングは「部下の成長を促す」のが目的であり、その結果として上司との関係性向上や、チームや会社としての生産性を高める効果もあるため導入されています。

1on1ミーティングは意味がないのか?

「1on1ミーティング」を検索すると「1on1ミーティング 意味ない」というキーワードで検索する方がいます。
本当に意味がないのでしょうか?
確かに、あのヤフーですら導入当初には「時間を捻出できない」「意味がなさそう」などの、消極的な意見があったようです。
ですが「導入目的の明確化・メリット・経営層へのコミット・客観的なフィードバックの継続・専門家の活用」などによって、ヤフー独自の1on1ミーティングを完成させました。
その結果、今や数千人もの社員が実施しています。
目的と活用方法を間違えなければ、1on1ミーティングは「意味がない」ものにはなりません。でなければヤフーが取り入れたり、全国的に広まることはなかったでしょう。

1on1ミーティングのメリット

1on1ミーティングには、以下のようなメリットがあります。

上司と部下の信頼関係が深まる

仕事やプライベートなど様々なテーマでおこなうため、普段は距離が遠い上司や部下であっても距離が近くなり、今まで以上に信頼関係が深まります。
お互いにすれ違っていた部分や、新たに発見できる部分があれば、心理的抵抗が少なくなるでしょう。
信頼関係が深まることで、これまで以上にコミュニケーションが取りやすくなり、問題の共有や解決などもしやすくなります。

部下の成長やモチベーションがアップする

「部下の成長を促す」ことが目的なので、仕事やプライベートで抱えている悩みを引き出したり、アドバイスしたりすることで成長につながります。
さらに、こうした悩みが解決することにより、仕事に対するモチベーションの維持やアップが可能になるでしょう。
部下に寄り添って話を聞いてアドバイスすることで、仕事に対する心理的負担も解消されるため、離職を防止する効果もあります。
企業にとって社員は必要不可欠な資産なので、離職防止効果があるだけでも導入する価値はあると言えます。

企業やチームの生産性アップに期待できる

上司と部下の信頼関係が深まり、部下の成長が促されてモチベーションがアップすることで、1人1人の意識や行動が変化し生産性がアップします。
その結果、チームのみならず企業全体の生産性も自然にアップしていくでしょう。

1on1ミーティングのデメリット

1on1ミーティングには、下記のようなデメリットがあります。

効果が出ているのか判断しづらい

1on1ミーティングの目的は「部下の成長を促す」ことです。
特に人間的な成長は、営業成績などとは違って表面的に判断するのが難しく、実際に効果が出ているのかが分かりづらいです。
実際に1on1ミーティングを実施している上司と部下が効果を実感できていたとしても、客観的に見た時に人事などからは評価がしづらいでしょう。
1on1ミーティング専用のツールを導入するなど、判断できる環境を整えることが大切です。

効果が目に見えるまでに時間が必要

実施してから効果が出るまでに、時間が必要になるのがデメリットです。
導入してから定着させるまでも時間は必要ですが、実施してからの効果は何倍もの時間を有して現れてくるものです。
すでに挙げた「効果が実感しづらい」という部分においても、人間的な成長が基準になるため、すぐには効果が期待できるとは限りません。
成長やモチベーションには個人差があるのはもちろんですが、効果的に1on1ミーティングを実施しなければ、より効果が発揮されるまでに時間が必要になるでしょう。

定期的に通常業務以外の時間が必要

実施するには通常業務以外に、時間を確保する必要があります。
さらに、事前に話すためのテーマ選定、事後の改善点の洗い出しやフィードバックなど、時間とともに工数も必要になるでしょう。
業務が忙しい時期には、こうした時間を割くのは難しいかもしれませんが、1on1ミーティングは定期的に実施しなければ効果が出づらいです。
ですから、先ほども解説したとおり、専用ツールの導入によって少しでも効率化を図るのが得策です。
さらに言えば、忙しい時期だからこそコミュニケーションが減ったり、問題が起こりやすくなるため1on1ミーティングを実施することは、必要なことだと言えます。

上司の能力次第では逆効果

部下の成長を促すための1on1ミーティングですが、上司のコミュニケーションスキルや、目的を明確に把握していない場合は逆効果になってしまいます。
特に、アドバイスをしようとし過ぎてしまい、一方的な考えの押し付けには注意しましょう。
話を聞いてもらえると思っている部下からすれば「1on1ミーティングの意味がない」と思われてしまい、上司への不信感やモチベーションダウンにつながります。
どうしても、上司との相性が合わなければ、別の上司に代わってもらうなど柔軟な対策を心がけて下さい。

1on1ミーティングの効果的な進め方

1on1ミーティングを有意義なものにするため、効果的な進め方を解説します。

1on1ミーティングの目的やメリットなどを周知する

1on1ミーティングに関して、事前に研修をおこなったりして実施する目的やメリットなどを周知させましょう。
いきなり導入しようとしても、目的やメリットなどが周知されていなければ、スムーズに導入できないでしょう。
社員への理解を促して協力してもらわなけば、1on1ミーティング本来の効果を得られない可能性があるため、事前の周知はしっかりとおこなうようにしましょう。

部下が求めているテーマを扱う

部下が主体となる1on1ミーティングですから、部下が話したい内容でテーマを決めるのが大切です。
事前に話し合いたい内容を共有しておき、そのテーマについて実施しましょう。
行きあたりばったりでは無駄な時間を過ごす可能性が高くなり、効果も出づらくなってしまいます。

実施スケジュールを決める

スケジュール帳

定期的におこなうことで効果を発揮するため、実施するスケジュールも決めておく必要があります。
ヤフーでは「1週間に1度30分、場所を確保して話を聞く」というスケジュールを採用しています。
基本は週に一度としておき、効果が出始めたら頻度を減らすなど、状況に応じて柔軟に対応しましょう。

部下の話を丁寧に聞く

部下の成長を促す目的なので、部下が話したいテーマを丁寧に聞きましょう。
間違っても「頭ごなしに怒る」「自分の考えを押し付ける」「雑談だけで終わる」など、部下にとって話しづらい雰囲気だったり、実施する意義が感じられない内容はNGです。

実施後に改善点を見出す

実施した後は、部下がどう感じたのかなどの内容をアンケート用紙などに記載してもらったり、上司がフィードバックなどをおこないましょう。
それらを元に、どんな問題点や改善点があるのかを洗い出して、より密度の濃い1on1ミーティングを構築していくことが大切です。

効果が出るまで定期的に実施する

デメリットでも解説したとおり、数字では判断しづらいため、目に見えて効果が出るまでは定期的に実施していきましょう。
これまで上げてきた進め方を意識して、自社独自の1on1ミーティングを構築させられれば、定期的に実施することで効果が出やすくなります。

1on1ミーティングのテーマ事例

1on1ミーティングでは、どのようなテーマが実施されているのか事例を解説します。

仕事に関するテーマ

仕事に関するテーマの事例は、以下のとおりです。

業務の悩み

部下が普段おこなっている業務に関して、普段は聞くことができない細かい不満や要望などを聞きます。
気を使って言えないような内容でも言いやすいような雰囲気を作り、少しでも部下の心理的負担を軽減させられるように心がけて下さい。

会社やチームの課題

会社や所属しているチームに対する、普段は言えない課題について話し合ってもいいでしょう。
より良い結果を残すためには、チームの力は必要不可欠であり、それが会社全体の生産性アップにつながります。

人間関係のトラブル

会社という組織にいれば、多くの上司や部下、クライアントなどと接する機会があります。
組織では人間関係のトラブルが起こる可能性は非常に高く、業務にも影響を与えることもあります。
特に上司とのトラブルは言いづらいため、丁寧に聞いてあげることが大切です。

将来のキャリア

将来的にどうなりたいのかなど、キャリアについて悩む部下も多いでしょう。
キャリアに関する相談も気軽にできる場があれば、日々の業務やモチベーションにも良い影響を与えるため、キャリアについて話し合うのもオススメです。

プライベートに関するテーマ

プライベートに関する事例は、以下のとおりです。

プライベートの充実度

プライベートなテーマは、よほど仲が良くない限りはしない内容です。
ですが、プライベートが充実していないと、本業にも集中できず生産性が落ちてしまいます。
プライベートが充実しているかどうかも、重要なテーマと言えるでしょう。

家族や友人などの人間関係

仕事関係のみならず、プライベートでの人間関係についてもテーマとして扱うのもいいでしょう。
上司のような第三者だからこそ話せる内容があるかもしれず、悩みに対して話を聞いてあげることは心理的負担を軽減させ、仕事にも良い影響を与えます。

興味あること

趣味などの部下が興味あるテーマについて話すのも、関係性が深まるきっかけになります。
そんなプライベートな話の中でも、仕事に役立つ内容を発見できる可能性もあるでしょう。
雑談ばかりにならないように、いかに仕事に活用できるかを考えながら実施するといいでしょう。

健康に関するテーマ

健康に関するテーマの事例は、以下のとおりです。

睡眠時間

良い仕事をするには睡眠時間がしっかり取れているかも大切なため、テーマとして扱ってみるのもいいでしょう。
睡眠時間が取れておらず、寝不足な状態が続いているのが仕事の影響なら、それを考慮した対応をすべきです。

体調変化

部署異動や役職が変わった時など、精神的・肉体的な体調変化が現れることがあります。
頑張ろうとしている一方で、本人も気付かないうちに変化している可能性もあるため、話し合って問題があるようなら、ケアできる部分を探っていきましょう。

1on1ミーティングのポイント

1on1ミーティングを効果的に実施するためのポイントを解説します。

上司が主体にならないこと

部下のために実施することに意味があるのに、聞き取り役の上司が主体になっては意味がありません。
あくまで部下の悩みなどを聞き出し、柔軟にアドバイスをするなど部下のプラスになるよう意識しましょう。

雑談だけで終わらせないこと

プライベートなテーマも扱えますが、雑談としてそのまま終わってしまっては効果がありません。
雑談の中でも仕事に活かせる部分がないかなど、成長につながる部分を発見してあげるのも上司の役割です。

問題点や改善点を共有すること

実施して発見した問題点や改善点を、経営陣も含めて共有することが大切です。
上司や部下だけでは、問題によっては解決できないこともあります。
広く共有することで改善点が見つかったり、問題を再発させないための環境づくりもしやすくなります。

1on1ミーティングを有効活用しよう

ハイタッチしている人

1on1ミーティングは、上司と部下が1対1で話し合う人事育成手法です。
実施することで信頼関係や生産性アップなどのメリットがある一方、効果が判断しづらかったり、部下の成長を実感するまでに時間が掛かるなどのデメリットもあります。
ですが、実施することによる効果が実感されているため、全国的にも導入している企業が増えています。
今回ご紹介した効果的な進め方、テーマ事例、ポイントを参考にしながら、独自の1on1ミーティングを構築し、効果的な1on1ミーティングを実施していきましょう。

©RJ OFFICE